避妊リング(IUD)ってどんなもの?

モーニングアフターピルの避妊効果です。
コンドームよりも効果が高く、ピル 通販で低用量ピルを使ってる女性も沢山います。
そんなピルより避妊効果が高いのが「避妊リング」とのことです。
低用量ピルは、正しく服用しさえすれば、ほぼ99パーセント以上の避妊効果が期待できるのに対し、避妊リング(IUD)とは1~2パーセントの割合で失敗する可能性があると言われています。
ただ、ピルの場合、ほとんど毎日忘れずに指示通りに服用しないといけないというわずらわしさが最大のデメリットです。
これに対し、IUDは1回装着すると、2~3年間は交換しなくてもすみます。
新型子宮内避妊リング(IUS:intrauterin sysytem)は、レボノルゲストレル(LNG)という黄体ホルモンが付加された新しいタイプの子宮内避妊リングです。

現在、世界中で約600万人の女性が使用しております。
従来のリングと同様、子宮内作用に留置することによって受精卵の着床を防ぐという効果に更に、LNGの持つピル作用が加わり、子宮内膜増殖抑制作用、子宮頸管粘液粘度増加作用、精子運動性阻害作用を併せ持つことになります。

その結果、非常に高い避妊効果を得ることができます。
またLNGの作用により、徐々に出血量が減ることになり、月経困難症や子宮筋腫の方の過多月経のコントロールにも期待できます。
IUSは主に2つの働きにより、確実な避妊ができます。
IUSの軸に付いている薬剤(黄体ホルモン)は子宮内膜に作用して内膜が薄くなり、受精卵の着床(妊娠の成立)を妨げます。
また、子宮の入り口の粘液を変化させて精子を子宮に入りにくくすることで、高い避妊効果を発揮します。
一度の装着で最長5年間にわたり高い避妊効果が続きます。
服用の手間もなく、毎日避妊のことを考える必要がなくなります。

★女性のためのリンク集
トレチノイン