コンドームよりも避妊率が高い避妊リングをご紹介いたします。

外来の医師「避妊薬で胃もたれが起こる確率は低い」

最近は、避妊薬を利用する女性が増えてきました。
ピルが特に有名です。
ピルは女性ホルモンの働きを使って妊娠を防ぐ経口避妊薬なのです。
ピルは、エストロゲンとプロゲステノーゲンという女性ホルモンを含んでいます。
本来は、これらのホルモンは、卵巣で分泌されるものです。
それを外部から取り入れることによって、卵巣の活動が抑えられ、排卵が起こらないようになるのです。
排卵を止めるという部分だけをとらえると、警戒心を持つ人がいるかもしれません。
しかし、心配には及びません。
ピルを飲んでいる間は、いわば卵巣が休憩している状態であると考えればいいのです。
毎月の排卵のためにずっと働き続けている卵巣を、妊娠したいと思うときまで休ませておくのが、ピルという薬の作用です。
ピルを飲むのをやめれば排卵が再開しますので、妊娠ができるようになります。
懸念されている副作用ですが、胃もたれの症状が出る確率は非常に低いです。
確かに、胃もたれになって、あわてて病院の外来に走っていくケースもありますが、重大な事態を招くことはまずありません。
また、外来で医師の診察を受けた結果、胃もたれの原因はピルの服用と関係のない別個の問題であったということも、少なくありません。
ピルを長きにわたって服用したことが原因で、健康を害したという報告もありません。
医療機関の外来の医師も、ピルの身体への弊害については、明確に否定しています。
ですから、ピルは決して怖い薬でもなんでもありません。
逆に、ピルは避妊効果の高さはもちろん、他の病気の治療にも活用されたり、女性の体にはプラスαとなる副効用が期待できるのです。
正しく服用すれば、ピルは女性にとって頼りがいのある味方だと言えましょう。